整形外科

診療紹介

整形外科では骨折・捻挫などの外傷はもとより、四肢の関節、靭帯、腱などの運動器疾患の初期治療を(保存療法を中心に)行っています。
手術のほとんどが外傷による骨折です。
保存療法で改善のない慢性疾患(変形性関節症による人工関節や脊椎手術)、スポーツ外傷などによる靭帯再建術は近隣の専門病院へ紹介しております。

new-employ-line

対象疾患

1:外傷一般
    骨折・脱臼一般・捻挫・打撲など
2:スポーツ整形外科
    膝関節靭帯損傷・半月板損傷・足関節靭帯損傷・離断性骨軟骨炎など
3:小児整形
    先天性股関節脱臼・ペルテス病・大腿骨頭すべり症・先天性内反足など
4:関節・リウマチ疾患
    変形性股関節症・変形性膝関節症・関節リウマチ・肩関節周囲炎など
5:骨代謝・骨系統疾患
    骨粗しょう症・通風・結晶性関節炎など
6:脊椎・脊髄疾患
    腰椎椎間板ヘルニア・変形性脊椎症・脊柱管狭窄症など

new-employ-line

外来診療案内

診察日が一定ではありませんので、外来担当医師診察表をご確認ください。
初診の方でも電話にて予約が可能です(救急の場合はその限りではありません)。

再診患者様には再診予約表をお渡ししております。
再診予約表に記載しております時間は、再診時間の目安となっておりますが、その日の混み具合や救急患者対応などにより待ち時間が長くかかる場合があります。大変ご迷惑おかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

なお外来担当医は外来担当医師診察表をご覧ください。

new-employ-line